東台湾、河口ポイントでのサーフィンの動画です。

このポイントの他にも、WSLの大会会場になった「漁港ポイント」や台湾ウルワツと呼ばれるレフトの長いポイント、ビーチブレーイク、リーフブレイクが点在しています。

今回は1月下旬でしたが、70年ぶりの寒波が台湾を襲い、地元の方もビビる位の寒さで、ダウンが必需品でした。

しかし、水温は高く、シーガルロンスプで大丈夫、人も少なく良い波が一杯です。
自転車で波乗りに来ていたローカルのボードキャリアが流木のみで作られた傑作品。ビビりました。

台北の花園空港着の国際線だと乗り換えに松山空港迄40分移動しなくては行けないので、ちょっと不便です。松山空港に着く便がおすすめです。LCCも出ているので、お金をとるか時間を取るかです。ショートとリッブにはおすすめです。